Copyright © 2017 by Chiemi  Allwright  All Rights Reserved

お待たせしました!2019年11月 Webセミナーのご案内

英語職人 オンラインセミナー オンライン会議室Zoomで行うWebセミナーです

テーマ:英語は英語のメガネをかけて見る
~ 『日本語に訳す』ことからの卒業大作戦 ~

​+スペシャルゲスト登場決定!(10/16更新)

 

日時:(全2回)


1回目 11月2日(土)日本時間 21:00~22:00 (60分)

2回目 11月9日(土)日本時間 20:00~21:15 (75分)→この後、21:15~22:15

スペシャルゲストが登場してくださいます!

『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』(幻冬舎)の著者、

金沢優さんが皆さんへのアドバイス、質疑応答をしてくださいます。

民間英語教育者のほとんどが、学校英語教育の延長線上にしかいない中、核心を逃さない研究とぶれない信念をお持ちの方です。初めてお会いしました、こういう方。

言語オタクが2人揃うと、どんなシンクロを見せてくれるのか、私自身がものすごく楽しみにしております。

受講料6,500円税込(全2回)(日本の銀行振込・お申込みいただいた方に詳細をご案内いたします)

★これまで英語職人のセミナーやレッスンを受講されたことがある方は、特別価格5,000円税込(全2回)となります。お申し込みの際にお知らせください。

対象:

・英語教育に携わっている方々

・自分のこどものために英語のことをもっと知りたいと思う親御さん

・自分のために英語のことをもっと知りたいと思う英語学習者の方々

♪英語のレベルは特に問いません。興味深々だけど不安。。。という方はお気軽にご相談ください。

 

このセミナーの特徴:

 世界中の言語の中でも、英語と日本語は特にかけ離れた概念や法則でできています。

それゆえに、学校教育ではその核心に触れることなく、対訳のみが重要視され、

表面的に暗記だけするように求められてきました。

 

テストで点数を取るだけが目的であればそれでよかったのですが、やはり英語が好き!もっと知りたい!と思ったときに、既にできてしまった『暗記するしかない』という脳の回路が邪魔をして、どうしても『日本語のメガネ』を通して英語を見ることしかできず、暗記→忘れるというループから抜け出せないとお悩みの方々からたくさんのご相談をいただきます。

早い段階で日本語訳からの脱却を試みないと、この先ずっと『日本語のような英語』しか話せないことになってしまいます。

このセミナーでは、英語のメガネを通して英語をみることを実感していただくことで、
日本語と英語の認知、発想、思考の違いを知っていただき、これまでの無機質な暗記の殻を破っていただきたいと願っております。

『日本語のような英語』からの卒業大作戦です!

(講義を聴くだけのスタイルではなく、受講者さんからの生のご質問と英語職人の生の回答が飛び交う場にしたいと思います)

 -----

★1回目:英語学習や指導の的を外さないために~日本人と英語人の言語処理プロセスの違いを知る~

1、日本人の脳と英語人の脳、その言語処理方法の違い

2、なぜ、(瞬間)英作文練習をやってはいけないのか

3、なぜ『聞き流すこと』は効果がないのか

 

 

 ★2回目:ある動画を使って、英語を『自分ごと』にする

日本人英語学習者に大変おすすめの動画をご紹介します。この動画を見ながら、英語を自分にぐっと引き寄せるということはどういうことかを具体的にご説明します。

(英語職人がぜひおすすめしたいこの動画、当日までのお楽しみです☺)

 

1、日本語を通さずに、視覚情報と英語をマッチさせる為の思考/発想回路とは?

2、『えっ!英語ってそういうことだったの?!』を体感

3、今後の英語学習/指導のために考えておきたいこと

*セミナー中に離席されたり、途中参加、途中退席も問題ありません。
 

*そちらの音声をOFFにしていただくこともできますので、お子様が隣にいても問題ありません☺
 

*もし当日受講ができなくなった場合でも、後日録画したものをお送りいたします。(その際も受講料は同額となります)

*受講者全員に後日録画をお送りいたします。

*画面が見やすいのでPCをお使いいただくことをお勧めします。Zoomが初めての方もご安心ください☺ 【Zoom使い方1から説明】https://www.remotework-labo.jp/2018/01/zoom_beginner/#1

お申込み/お問合せ

 

このホームページのお問合せ欄かもしくはEメールにてお願いいたします→chiemiallwright@gmail.com

 2018年のセミナーもすべての回が満席、キャンセル待ちのお申し込みも多数いただきまして、誠にありがとうございました。セミナーの感想はこちらをご覧ください。

2019年日本で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

​英会話総合・英語のショウタイ4時間セミナー

~“何年習ってもピンとこない”を徹底解決~

母と父のための、英語のショウタイ ~どうする?こどもの英会話~     

英会話総合・英語のショウタイ4時間セミナー

~“何年習ってもピンとこない”を徹底解決~

東京/2019年3月9日(土) 13:00~17:00 (残席わずか)

 

  
★受講料17,000円(税込み)(お支払方法に関しましてはお申込みいただいた方にご案内させていただきます)
★場所:Connecting The Dots  B1大会議室 (JR代々木駅から徒歩30秒 / JR新宿駅 南口から徒歩10分 / 小田急線南新宿駅から徒歩5分)
 
★対象 :  これから英会話を始めたい方、すでに習われている方、過去に習った経験がある方、英語教育に携わる方々で、
①今の学習方法にちょっと不安があり、このままで大丈夫かな?と思う。
③テスト勉強は暗記で乗り越えたけど、英語を話す自信がない。
④英語は好きなのに上達する気がしない。
⑤もう英語学習で遠回りしたくない。
⑥ここで一旦軌道修正して立ち位置を確認したい
⑦フレーズや言い回しを「覚え」ても実際に使える気がしない。
英語総合プログラミング☆チェックリスト をご参考にしてください。
​★定員:10名(定員に達し次第締め切りとなります)
 
★お申込み/お問合せ:こちらからお願いいたします。
 
ーーーーーーーーーー
  私自身もかつて、悩める英語学習者でした。
大学時代から20代後半にかけて、あらゆるテキストを読み、テレビやラジオ講座も毎日欠かさず、移動中は必ず英語学習のCDを聞く。。。。しかし、いざ海外に行ってもほとんど言葉を発することができない(涙)言われていることは何となくは理解できても、全く返せない。後になってゆっくり考えてみると、「あんなに簡単なことも言えなかったのか。。。」とまた落胆、の繰り返しでした涙)最終的には私は英語ができないDNAを持っているに違いない、と遺伝子のせいにして自分を慰めてきました。
 そんなある日、日本語ができないイギリス人と出会い(←今その人は私の夫(笑)人生何が起きるかわかりません!)、必死に英語を話し、聞く中で次第に「ん?あれ?なーんだ、英語ってこういうことなんだ」と、これまでの霧がすっきりと晴れてくるのを感じました。英語のショウタイにやっと出会ったのでした。
 その後結婚し、家庭では英語を使うのが当たり前になりました。
 東京での出産、育児を経て、英国に住むようになり、ちょっとしたきっかけでオンライン英会話講師としてのお仕事を開始しました。生徒数はあっという間に増え、月に平均200レッスンをこなすようになっていましたが、このお仕事を始めてすぐにある疑問がわいてきました。生徒さんはみな、独学や英会話スクールなどで英語を習った経験がある方がほとんどなのに、私のレッスンを受講いただいた皆さんが口をそろえて、「こんな風に習ったことは今までありませんでした!」とおっしゃいます。何年も英語を習っているのになぜ?と不思議に思いましたが、徐々に、「これはあの時の私の状況と同じだ!」と気が付きました(^^;。
 ではなぜ、日本の英語学習者は、この英語のショウタイになかなか出会えないかというと、教える側も習う側も、常に日本語のフィルターを通してしか英語を見ていないからです。具体的には、以下の方法で学習することが弊害になります。
①テキスト(文字)で英語を学習する
②いち英単語=いち日本語訳、という認識で暗記をする
③左脳だけで英語を理解しようとする(日本語は左脳優位、英語は右脳優位の言語)
④「知っていれば使える」という前提で情報を増やそうとする。
 
 かつての私自身がまさにそうでした。あの時に戻れるのであれば、25年前の自分に会って、「今の学習方法じゃ、何十年経ってもダメだよ~」と早く伝えてあげたい気持ちです。
 日本語のフィルターを排除して英語を認識すると、新しい英語の世界が見えてきます。それが英語習得の一番の近道です。このセミナーでは、皆さんに、「えっ!そういうことだったの!なるほど~」を存分に体験していただきたいと思います。
 
ーーーーーーーー​

 このセミナーを受講いただいた皆さんが、「もっと早く知っておきたかった」、「目からウロコが落ちました」という感想を持たれます。残念ながら、目のウロコは落ちてみて初めてずっとそこにあったことに気づきます。英語総合プログラミング☆チェックリストでご自分の目のウロコの厚みチェックをしてみてください。該当が多いほど、あなたのプログラミングはあなたの英会話上達の邪魔をしてしまっていることになります。また、【日本語脳に英語をプログラミングするためのプロセス】でご自身の立ち位置や現在の方向性が間違っていないかを確認してみてください。

主な内容

①英語のミカタを知るー英語はこう見る!

 

・「知っている単語なのに使えない」理由を徹底解明

・6つの時制(事実断定形/過去形/未来3形/進行形/過去から今形/If 形)を今度こそ解決

・『じゃがいも=カレー』回路からの脱却

・原理動作(get/have/make/take/put/turn/go/come)がなぜ大事なのか→「現在完了have」や「使役動詞make」という認識を解除

 

②英語の法則を知るー英語の法則が浮き上がって見えてくる

・日本語変換術

・骨格抜きの術

・三種の神器でもう迷わない

 

③使えるようにするー脳の言語認識の法則に逆らわない

・英語が上達する人とそうでない人、何が違う?

・テキスト(文字)学習はなぜ弊害になるのか

・ラケットの握り方を習ったら次は素振りー反射と無意識トレーニング

・英語は右脳優位で処理する、その練習方法

ーーーーーーーーーーーーーー

テキストは使用しません。(オリジナルの冊子をご用意します)

★一般的な英会話グループレッスンのようにテキストを読み合わせたり、ロールプレイングやゲームをしたりは一切行いません。

★【腑に落とす】説明で目のウロコを落とします。これまで何度も習ってきたのに、ぼんやりとしか理解できていない文法や長年の思い込みから抜け出しましょう。

★【なるほど、そういうことだったのか!】の連続で、【脳内ドーパミン→もっと知りたい】の循環を作り、脳内から意欲を高め、今後の英会話学習をスムーズに継続できるようにします。

 
 

母と父のための、英語のショウタイ ~どうする?こどもの英会話~     

東京 2019年3月10日(日)13:00~15:00

★受講料5,000円(税込み)(お支払方法に関しましてはお申込みいただいた方にご案内させていただきます)
★場所:Connecting The Dots  B1大会議室 (JR代々木駅から徒歩30秒 / JR新宿駅 南口から徒歩10分 / 小田急線南新宿駅から徒歩5分)
 
★対象 :  育児中の保護者の方々(お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん)、幼児教育従事者の方々など※お子様のご参加はご遠慮ください。
★定員:20名(定員に達し次第締め切りとなります)
★お申込み/お問合せ:こちらからお願いいたします。
ーーーーーーー

 流ちょうに話せるようにならなくても、こどもには英語とうまく付き合っていって欲しい、というのは多くの親の願いだと思います。

 2020年から本格的に、全国の小学校で「教科」としての英語の授業が始まります。これにより、「英語嫌いの低年齢化」を引き起こすことは間違いありません。既に小学校で英語の授業が導入され始めたことにより、子供たちが小学校低学年から、「英語は難しい、面白くない」と英語を拒否し始めているという、保護者からのご相談が明らかに増えております。

 

 近年では、幼少期から英語を習わせたり、家庭での「バイリンガル育児」などという言葉もよく聞かれるようになりました。

 

 どんな教材がいいの?ネイティブに習うのがいいの?家ではどうしたらいいの?

ネット上でも様々な情報が飛び交います。でも、ちょっとその前に。。。そもそもなぜ子供に英語を習わせたいのか?そうすることで子供の脳にはどのようなインパクトがあるのか?将来のプラスにはなるのか?。。。。などの疑問点を、日本人の脳が英語を認識するプロセスという視点に立って見てみましょう。

 

 何歳から英語を習わせるかがポイントではなく、いつから英語(外国語)を習い始めても、それを吸収、処理しやすい脳の土台を幼少期から構築しておくことの方がより重要であると英語職人は考えます。それは、英語だけでなくすべての教科の学習にも影響します。また、左脳と右脳のバランスを意識した育児をすることで、様々な認知回路が整い、それは子供の情緒の健全な成長にも大きく関わってきます。

 

 月に100名あまりの日本人の脳内とお付き合いし、自身の3人の子供が日本と英国、両方の学校教育を経験する中で見えてきた、日本人のこどもにとっての英語のショウタイをご一緒に考えてみませんか。

 

――――――――――――

1)日本人の脳が英語を認識するプロセスとは 

 

2)日本に暮らし、父は英語、母は日本語で育児をしたら。。。オールライト家で起きたこと

 

3)日本人が日本にいながら幼少期から英語を習う。。。その先にある3つのパターン 

4)英語が上達しやすい脳とそうでない脳

5)子供の英語認識方法と大人の英語認識方法の決定的な違い

 

)日本人の言語処理とマンガの深い関係 

 

7)バランスの取れた言語処理能力を身に着けるために、家庭でできること

8)将来の英語力のために一番大切な○○力を養うのは今!

------------

 

講師:オールライト千栄美(英語職人)

1972年宮城県生まれ。明治大学英米文学部卒業。

「え!そういうことだったの?!」が連発の脳内改革レッスンを英国よりオンラインで提供中。年に数回、日本でセミナーを開催。定期レッスンは順番待ち、その秘密は、「英語のショウタイ」を見極めた独自のレッスン理論/方法にあります。日本人が、英語で情報処理をするための脳内プログラミングを得意とします。

 2011年まで仙台にて、母のための学びの場「母の寺子屋」を主宰する傍ら、森林を開拓し、3年かけて家族で天然素材の家を建築。大自然を舞台にした育児と自給自足生活を経験。現在は、英国人の夫、3人の子供(18歳/17歳/14歳)と英国南部で暮らす。

 

著書 「英語のショウタイ」(デザインエッグ社)

 

母と父のための、英語のショウタイ ~どうする?こどもの英会話~ 

    (主催:なごみサロンtrickandtreat)

仙台 2019年3月12日(火)10:00~12:00

★受講料:3,500円(税込み)(お支払方法に関しましてはお申込みいただいた方にご案内させていただきます)
★場所:せんだいメディアテーク2階会議室
 
★対象 :  育児中の保護者の方々(お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん)、幼児教育従事者の方々など※お子様のご参加はご遠慮ください。
★定員:20名(定員に達し次第締め切りとなります)
★お申込み/お問合せ:こちらからお願いいたします。

 

 こどもには英語とうまく付き合っていって欲しい、というのは多くの親の願いだと思います。

 2020年から本格的に、全国の小学校で「教科」としての英語の授業が始まります。これにより、「英語嫌いの低年齢化」を引き起こすことは間違いありません。既に小学校で英語の授業が導入され始めたことにより、子供たちが小学校低学年から、「英語は難しい、面白くない」と英語を拒否し始めているという、保護者からのご相談が明らかに増えております。

 

 近年では、幼少期から英語を習わせたり、家庭での「バイリンガル育児」などという言葉もよく聞かれるようになりました。

 

 どんな教材がいいの?ネイティブに習うのがいいの?家ではどうしたらいいの?

ネット上でも様々な情報が飛び交います。でも、ちょっとその前に。。。そもそもなぜ子供に英語を習わせたいのか?そうすることで子供の脳にはどのようなインパクトがあるのか?将来のプラスにはなるのか。。。。などの疑問を、日本人の脳が英語を認識するプロセスという視点に立って見てみましょう。

 

 何歳から英語を習わせるかがポイントではなく、いつから英語(外国語)を習い始めても、それを吸収、処理しやすい脳の土台を幼少期から構築しておくことの方がより重要であると英語職人は考えます。それは、英語だけでなくすべての教科の学習にも影響します。また、左脳と右脳のバランスを意識した育児をすることで、様々な認知回路が整い、それは子供の情緒の健全な成長にも大きく関わってきます。

 

 月に100名あまりの日本人の脳内とお付き合いし、自身の3人の子供が日本と英国、両方の学校教育を経験する中で見えてきた、日本人のこどもにとっての英語のショウタイをご一緒に考えてみませんか

 

――――――――――――

1)日本人の脳が英語を認識するプロセスとは 

 

2)日本に暮らし、父は英語、母は日本語で育児をしたら。。。オールライト家で起きたこと

 

3)日本人が日本にいながら幼少期から英語を習う。。。その先にある3つのパターン 

4)英語のインプット/アウトプットがしやすい脳とそうでない脳

5)子供の英語認識方法と大人の英語認識方法の決定的な違い

 

6)日本人の言語処理とマンガの深い関係 

 

7)バランスの取れた言語処理能力を身に着けるために、家庭でできること

8)将来の英語力のために一番大切な○○力を養うのは今!

------------

 

講師:オールライト千栄美(英語職人)

1972年宮城県生まれ。明治大学英米文学部卒業。

「え!そういうことだったの?!」が連発の脳内改革レッスンを英国よりオンラインで提供中。年に数回、日本でセミナーを開催。定期レッスンは順番待ち、その秘密は、「英語のショウタイ」を見極めた独自のレッスン理論/方法にあります。日本人が、英語で情報処理をするための脳内プログラミングを得意とします。

 2011年まで仙台にて、母のための学びの場「母の寺子屋」を主宰する傍ら、森林を開拓し、3年かけて家族で天然素材の家を建築。大自然を舞台にした育児と自給自足生活を経験。現在は、英国人の夫、3人の子供(18歳/17歳/14歳)と英国南部で暮らす。

 

著書 「英語のショウタイ」(デザインエッグ社)

 

【日本語脳に英語をプログラミングするためのプロセス】

 

【ステップ1】:オペレーションシステム(OS) の構築 (プログラミング)

・致命的になる5つの発音
・接着剤 on/ in / with / over / off / for
・原理動作 put / take / get / have / come / go /make /turn
・【だれがどうした+接着剤】の法則

・【日本語変換術】の法則

・【英語情報処理システム】の法則 
・疑問文/否定文への自動転換システム構築
・6つの時制(事実断定 / 過去 / 過去と今両方形 / 進行形/ If形 / 未来3形 )
・視覚的情報を日本語を介さずに英語で出力する法則
・3つの黄金の公式

【ステップ2】:ソフトウェアのインストール 

 

・これは英語ではなんていうの?を都度解決
・フレーズ、英語表現
・都度、間違いを訂正 

 

【ステップ3】:最新のソフトウェアへのアップデート

・フリートーク 
・実際にネイティブとレッスン以外で話す
・海外旅行に行く

 ほとんどの英語学習者は【ステップ2】からスタートしてしまいますが、英語オペレーションシステムがない脳に、どんなに有能なソフトウェアをダウンロードしようとしても機能はしてくれません。

 

英語総合プログラミング☆チェックリスト

□ L R TH F V の発音を習ったことがない

□ Would you like something to drink?  の wouldは「丁寧」だと思う

□ Can I have ~?よりも Could I have~?  の 方が「丁寧」だと思う
□「ドア閉めて」と頼む時は、Will you close the door, please ? でもよいと思う
□ カフェでコーヒーを注文する時は May I have a coffee? でもよいと思う
□ タクシーの中で、おつりはいらないと伝えたい時、とっさに Keep the change. と言いそう
□ How are you? の答えに I'm good .と言うことが多い。または、so so と言ったことがある
□「靴を履く」の「履く」は put on だと思う
□「~を楽しみにしている」と聞くと、ぱっと、 look forward to ~ と浮かんでくる
□「私、今日、仕事休みなの」をぱっと正しい日本語にできない
□ 「今日、寒いね」、「最近、寒いね」、「急に、寒くなったね」を英語でぱっと言えそうにない。
□ 「信号が赤になる」と聞くと become が浮かんでくる
□ He makes me happy. のmakeは「使役動詞の make 」だととっさに思う
□ I'm going to cook curry tomorrow. と I'm cooking curry tomorrow. の違いがはっきり
分からない
□ 友人宅で飲み物をすすめられたら、とっさに Yes, please /No, thank you しか言えない気がする

□ 英作文練習(日→英)を積極的にしたことがあるまたは今している

□ ここ数年、新年の目標は「英語が話せるようになること」である
□ これまで3人以上の講師に英会話を習ったことがある
□ 過去に何回か、英語を習っては辞め、を繰り返したことがある
□ 数カ月または数年間英会話レッスンを受けている、または独学しているが、このままで大丈夫かな?という不安はある
 
ご不明な点はお気軽にご相談ください

皆様とお会いできるのを楽しみにしております

オールライト千栄美